宮城県で新築一戸建てを買う!夢いっぱいでも後悔しないためには?

宮城県であれ仙台であれ、家を買うときは地価の上昇を狙っても意味がない時代。とくに新築一戸建ては家族の思いを最優先した判断が何より。

高齢者と同居の新築一戸建ては、全面的なバリアフリーが基本です。

宮城県内でもバリアフリー化は増えているので選定には十分時間をかけましょう。

▼間取りだけではなく玄関のアプローチから。

高齢両親と同居する場合、間取りと仕様・設備で前提になるのは何と言っても「バリアフリー」です。

それだけではなく、外構部・門扉から玄関までのアプローチをチェックしましょう。

また敷地と接する私道・公道に段差があると、ツマズキの要因にもなります。

将来は車椅子が必要になることもあるので、たとえ2段・3段程度の石段でも、避けられるものは避けておきましょう。

スロープの増設も考慮しておくべきです。

▼理想は5LDK~6LDKで3,000万円台の家。

廊下の幅を測っておきましょう。

最低でも車椅子1台分の幅は確保しておかないと、後からの改装がたいへんです。

間取りは5LDK~6LDKが基本で、宮城県内であれば3,000万円台で購入可能です。

日当たりの良い1階の居室をお母様専用の部屋に。

好みで和室・洋室を。

洋室ならクッションフロアが必須。

念のため階段には連続手すりを付けてもらうようにしましょう。

▼高齢者の事故の6割以上が家庭内事故で、階段からの落下、ツマズキ、転倒です。

設備・仕様で変更可能なものは今のうちに。

これは宮城県とか新築一戸建てに限った話ではありませんが、ハウスメーカーによっては、設備・仕様の変更を新築一戸建て購入の前提条件にできます。

それによって多少費用が上乗せになっても、できるなら今のうちにオーダーしておきましょう。

月曜日, 22 7月 2019 on 誰もが快適な新築一戸建てとは?.

Comments are closed.